カヤの実とやまがら・『カヤの木の一輪挿し』

c0160901_20173264.jpg自宅の裏山にカヤの樹があります。
この季節には、沢山の実を付けて山雀の餌になっています。
カヤの木は、将棋盤や碁盤に使用します。
色は、少し黄色の木肌で香りも良く彫刻に向いた木です。
樹の皮には細かいとげが沢山有り、
丸太を運ぶ時は気を付けないと、
腕や足など後でチクチクして大変です。
(私も大変でした、、、)




c0160901_2018952.jpg今、緑色の実が沢山です。
長さ4センチ位で、
落ちると実の中から薄茶色の種が顔を出します。
家のすぐ裏なので、
夜など屋根に『コトン、コロコロコロ、ポトン』と、
音をたてています。
たふぃぼんは、その度に、
『何者だ〜!!、、、?なんだ木の実か、、、』
そしてまた、ぐっすり寝てしまいます。



c0160901_20184659.jpgカヤの実は、アーモンドに似た形でハッカの香りがします。
この実を煮詰めてカヤ飴を作る事が出来るそうです。
昔は、皆村人が集めて飴を作ったそうです。
今では、子供も少なく飴玉もすぐに手に入るから、
作るのを止めてしまったのでしょう。
鳥達にとっては、食べ放題なので毎日やって来ます。



*やまがら(山雀)【しじゅうから科】



c0160901_20193790.jpg今日も、朝から山雀が『ツィー ツィー』と鳴いています。
ツガイの二羽が忙しそうにカヤの実を運んでいます。
結構硬い木の実をくちばしで砕くようです。
カツカツ音をたてて突いています。
水色と茶色、黒、白の模様がとても可愛いいですね。
カヤが実ると、山雀来るのがとても楽しみです。




c0160901_2019735.jpg丁度木の実をくわえていました。
この村のカヤの木は、
すべて天神様の側に植えてあります。
今では、その理由を知る人が誰もいなくなりました。
きっと、何か大切な理由があったんでしょうね。
その理由が分かったら、またご報告致します。





c0160901_20201473.jpgc0160901_20204030.jpgさて今日の作品は、
『カヤの木の一輪挿し』
10×10×20センチ









この作品は、カヤの木に溝を深く彫り込み2重の形が見えてきます。
連続する隙間の形が面白さの一つで、彫刻として観て頂ければ嬉しいです。
中心部分には、取り外し可能なガラスの瓶を挿してあり、
その部分だけ洗う事ができるので便利です。
オイル仕上げで、カヤの木の甘い香りも楽しめます。



c0160901_23413522.jpg
『カヤの木の手彫り 中深皿』
23.5×23.5×9.7センチ







c0160901_23415578.jpg
『カヤの木の手彫り 中深皿』
23.1×23.1×9センチ







この器はカヤの木を手彫りで彫り込み、
胡桃の渋で染めた後、木固めエースで仕上げました。
旋盤での制作と違い手間と時間が掛かりますが、
味わいのある仕上がりになりました。

『カヤ(榧)の木の詳しい説明です』
●イチイ科カヤ属の常緑針葉樹。
学名:Torreya nucifera
●本州中南部から四国、九州の主として暖帯に生育。
また、朝鮮にも分布する。樹高20m、周囲3mに達する。
成長は極めて遅く、蓄積量は少ない。
●心辺材の区別はやや不明瞭で、辺材は黄白色、
心材は褐色を帯びた黄色。木理は概ね通直で、
年輪幅は狭い。独特の匂いがある。
●材はやや重硬で、光沢があり緻密で美しい。
加工しやすく耐朽性に富む。
樹脂分が多いので経年変化が美しく、
独特なしぶい黄金色になる。  気乾比重 : 0.51
●水や湿気に対して腐りにくいので風呂桶などの浴室用具や
船舶材に賞用される。特に有名なものは、碁・将棋盤で、
宮城県日向地方と奈良県春日山産が産地として名高い。
そのほか彫刻にも用いる。
●葉は扁平線状、革質で厚く、先端は鋭い。雌雄異株。
四月頃開花。実は広楕円形で、核は食用・薬用とし、
また油を搾ります。

Contemporary Wood Turning Bowls Teruo Fuchigami
[PR]
by ogon21 | 2008-09-02 20:22 | 木の器
<< 瑠璃色ガラス 鳥形の器 秋空の下。 琥珀色のガラスネックレス >>


画像一覧
記事ランキング
カテゴリ
ライフログ
検索
タグ
最新のトラックバック
最新のコメント
ファン
ブログジャンル
お気に入りブログ