<   2008年 06月 ( 28 )   > この月の画像一覧

雲が生まれる場所

c0160901_1015417.jpgc0160901_10152073.jpg








長雨が続くこの季節、山の湿度は、どんどん上がっていきます。そして、今日のように晴れ間がのぞくと、山々の谷間からは、山の姿をかき消さんばかりの勢いで、濛々と煙のような水蒸気が立ちのぼり始めます。やがて、上空の気流に乗って、散れじれの雲となり、空の彼方へ運ばれていくのです。時折、山の中腹辺りに、細長く巨大な雲がゆらゆらと漂うことがあるのですが、その様子は、まさに竜そのものです。古来より、竜は、雲雨を自在に支配する神秘の存在とされてきましたが、それは、このような自然現象の中から、畏敬の念と共に現われた姿,としても不思議ではありません。
[PR]
by ogon21 | 2008-06-30 21:39 | パート・ド・ヴェールの彫刻

手紙 『黒檀のペーパーナイフ』

c0160901_10203094.jpg近頃、メールではなくて手紙のやり取りをする機会がありまして、改めて手紙というのも良いものだなあ、と思います。まず、手紙の文字にその人らしさが見えて興味深いことです。筆圧や文字の連なり、リズムから、この手紙を書いている時の状況や気分が伝わってきたり、便せんや封筒のセレクトからも色々想像されることがあるのも面白いですね。送る相手に言葉以上の何かを伝えることが出来るのが、手書きの手紙でしょうか。特に久しい人から、思わぬ時に手紙が送られてくると、嬉しさもひとしおです。また、手紙が書きたくなりました。


c0160901_10205233.jpg









c0160901_10211041.jpg写真は、黒檀のペーパーナイフです。しっくり手に馴染みます。





               Art Accessaries wood
[PR]
by ogon21 | 2008-06-29 21:15 | 木のアクセサリー

パート.ド.ヴェールの指輪



c0160901_1024368.jpg







c0160901_1025542.jpg








Art Accessaries pate de verre Glass
[PR]
by ogon21 | 2008-06-28 20:49 | ガラスアクセサリー

黒柿のナツメ(棗)

昨日ちょこっと、鳴いた蝉ですが、今日は本気出しましたよ。昨日は、『あ、あ、マイクのテスト中、あ、あ。』みたいな感じでしたが、今日は、唐突に鳴はじめました。こんな感じです。『では、コホ。、、、ジ〜〜ミ〜〜〜〜〜ユ〜〜〜〜ウ』(よっ。待ってました!夏だね〜。パチパチパチ)
『じじじじジ〜ミ〜〜〜〜イユ〜〜〜ジミ〜〜〜〜イッ』そのうち飽きて自分の仕事に没頭する聴衆を後目に、いつの間にか何処かへ行ってしまいました。『ふんっ!もっと大舞台で一花咲かせるぞ』と思ったかどうか、、、、。もしかして、今これを読んでいる貴方の所へ行ったかも。



c0160901_2028518.jpgc0160901_20282715.jpgc0160901_20284267.jpg
今日の作品は、『黒柿の棗』です。(12×10cm)全体に膨らみのある形で、高台は可愛らしい三つ足になっています。立ち姿にはどこか愛嬌があります。

Contemporary Wood Turning Bowls
[PR]
by ogon21 | 2008-06-27 20:26 | 木の器

原始の塔

c0160901_0557100.jpg作品タイトル:『原始の塔』(180×100×30cm:作品重量約100㎏)
『生命とは、燃える炎である』
燃えるような、生命エネルギーをテーマにした作品シリーズ。
この作品は、山梨県の地元木材、ミネバリ(別称 オノオレカンバ)を使っています。木目の詰まった非常に硬く重い木で、水にも沈みます。その名の由来(オノオレカンバ)は、斧が折れる程硬い樺の木という意味です。






c0160901_05523100.jpg木目の美しさは、大理石にも匹敵します。木が水を吸い上げて、太陽めがけて、上へ上へと成長した記憶がこの木目には現われています。ただそれだけで圧倒的な迫力と美を兼ね備えた素材に対し、彫刻家は何を刻むことが出来るのか。そこには、ひたすらこの木と格闘した、作家の燃えるようなエネルギーが刻み込まれたのではないでしょうか。

                Contemporary wood sculpture
[PR]
by ogon21 | 2008-06-25 00:54 | 木の彫刻

パート.ド.ヴェールのネックレス

c0160901_0463585.jpg









c0160901_0465155.jpgガラス部分のサイズは、約7×3×0.5cm。少し大きめのヘッドです。クリスタルガラスを使用しています。また、このクリスタルには、日光や白熱灯と室内の蛍光灯では、色が違って見える特質があります。彫刻側面から光りが入ると大変綺麗なので、ダークな洋服の上に着用しても十分な存在感があります。鳥の羽ばたきをデフォルメし、形に表しました。

            Art Accessaries pate de verre Glass
[PR]
by ogon21 | 2008-06-25 00:45 | ガラスアクセサリー

パート.ド.ヴェールの彫刻

c0160901_0341495.jpg










久しぶりの太陽と青い空、気持が、すっと解放されます。


c0160901_0343783.jpg








Contemporary pate de verre Glass sculpture
[PR]
by ogon21 | 2008-06-24 00:28 | パート・ド・ヴェールの彫刻

恩師の言葉

c0160901_020422.jpgSY先生は、日本の現代美術を代表される偉大な方でした。私はガラスを始めるずっと前に,ほんの短い間、お世話になりました。そんな、偉大な方であることを誰もが認識しているにも関わらず、何故か皆、『gijyuさん』とお呼びしていて、それについて、先生は全くどうでもよいことだという風でした。時々、学生の制作現場に足を運んでは、しげしげと見ておられました。そして大概『続けてごらん。』とおっしゃいました。当時は、少し拍子抜けするような、それでいて、辛辣な批評では無かった事に、少々ほっとしたものです。が、後々、この言葉がいかに重く、厳しい言葉であったかを知る事となりました。『今やっていることを続けることでしか、答えはでない。そして(人生をかけて)続けるに価する仕事かは、続けていれば解る事だ。自ら答えを出せ。』ということです。しかし、その続けるということが、いかに苦しく難しいことか....。そんなSY先生が今朝,夢枕に立たれました。ちょっと、笑顔で、『そろそろ行きますよ。続けなさい。』とおっしゃいました。SY先生、本当にありがとうございました!!!

                                 Gallery Ogon
[PR]
by ogon21 | 2008-06-24 00:25 | 日記

黒柿 茶会用重ね皿

c0160901_055593.jpgc0160901_062036.jpgc0160901_065255.jpg











c0160901_072053.jpg木の器、最新作のご紹介です。写真は、黒柿の無垢材を順繰りに彫り進めながら、木の中央部分まで無駄なく器にしていったシリーズです。直径28×12cmの器の上には、蓋にもなるお皿(28×4cm)がのっています。さらに、そのくぼみに、もう一枚(15×3cm)の小皿がつきます。実際この小皿の部位に、一番良い模様がきています。お料理が盛れるよう、きちんと防水処理を施しました。また、それ以外にも何か収納箱として使っていただけそうです。黒柿を贅沢に使った力作です。

Contemporary Wood Turning Bowls
[PR]
by ogon21 | 2008-06-23 23:58 | 木の器

ため息犬...。

c0160901_23522762.jpgc0160901_23524470.jpg『ふ〜.....』  !
『.....はあ〜〜......』   !!
『ふはあ〜.......』   !!!
(やめれ〜っ!)
雨が、続くこの季節、たふぃぼんのため息が今日も響く...。
(まったく、困った。梅雨が明けたら、どっか、行くか? ん?)


                                   Gallery Ogon
[PR]
by ogon21 | 2008-06-23 23:51 | 日記


画像一覧
記事ランキング
カテゴリ
ライフログ
検索
タグ
最新のトラックバック
最新のコメント
ファン
ブログジャンル
お気に入りブログ