カテゴリ:Pate de verre BOWLS( 19 )

パート・ド・ヴェールのリキュールグラス

パート・ド・ヴェールのリキュールグラス
以前ご紹介したつぼみ形のリキュールグラス、
もうひとつ出来ました。

c0160901_0474024.jpg






『つぼみ形のリキュールグラス』 (約11×4cm)
Contemporary Glass Bowls  pate de verre Kimie Kanai
[PR]
by ogon21 | 2008-11-20 00:45 | Pate de verre BOWLS

生まれたてのつぼみ/パート・ド・ヴェールのグラス


c0160901_2104942.jpg

つぼみ形のリキュールグラス
Pate de verre Glass (約11×4cm)






c0160901_2111886.jpg

完成したばかりの作品を色々な光にかざしてみましょう。
光を受けながら少しずつ現実世界に馴染んでいきます。









c0160901_2114888.jpg



c0160901_2121946.jpg











c0160901_2125632.jpg

高台部分は、ガラスの無垢なので、下に重心があり安定している分、
意外にどっしりと重量感があります。






c0160901_2131336.jpg

手に持って、口元まで傾けてみましょう。











c0160901_2133618.jpg






c0160901_2141946.jpg






c0160901_2143848.jpg












c0160901_215542.jpg

ガラス全体に光を当てると、このような色合いです。
明日は、昼間の光にかざしてみましょう。
だいぶ印象が変わります。




Contemporary Glass Bowls  pate de verre
Kimie Kanai
[PR]
by ogon21 | 2008-11-08 20:57 | Pate de verre BOWLS

にごり酒が合うかな?パート・ド・ヴェールの猪口と、、、

今日は、一日掛りで『秋の面白ぐい呑み展』の展示。
使い慣れた空間での展示と云えども、テーマに添った内容に空間を変えるのは、
しかも3人分の展示となると、意外に骨が折れる仕事です。
パートナーの彫刻作品は、重いですからね、、、。
右から左に移動させるのも一苦労です、、、。
そんな訳で、明日から『秋の面白ぐい呑み展』始めます!

c0160901_12194042.jpg
今日は、新作のパート・ド・ヴェールガラスのお猪口をご紹介。
色を使わずに粉ガラスに秘密の粉を少し調合したガラスを使っています。
ほんのり肌色味を感じる白いお猪口です。






c0160901_1220647.jpg



c0160901_12201950.jpg










c0160901_12205175.jpg
表面は、荒れた風合いに仕上げています。
というのもパート・ド・ヴェールは,
古代より細々と受け継がれてきたガラス技法なので、
何かそういう時間の風雨に曝された感じを、
表現したいと常々思っている訳です。





c0160901_12211250.jpg

内側は、滑らかに磨いていますが、鏡面仕上げにはしていないので、
見た目はフロスティー。
この間ご紹介した、白い濁り酒が合いそうな気がします。





Contemporary Glass Bowls  pate de verre Kimie Kanai



c0160901_12214084.jpg
それから、先日届いた陶器の酒器もちらっと、ご紹介。
片口と猪口のセットです。
何やら可愛い絵が描いてあります。結構一目惚れ。
自分が欲しいかも、、、、。と思ったり。







c0160901_12215532.jpg
パズルのようなデザインが描かれています。
ばらっと広げて置くと可愛いです。こちらは、
箸置きにちょうど良さそうです。
ちょっとしたお薬味を乗せるのも良いかもしれません。





c0160901_1222955.jpg
お箸を乗せるとこんな感じ。
ちなみにこのお箸は栗の木を使った手作り箸です。







c0160901_12222391.jpg
それから、こちらはユニークな形の醤油差し(?)かな。
んん〜ん。こやつには、個性を感じるぞ、、、。
歩きだして、色々な所に、おじぎしてまわりそうだ、、、。
これも欲しいかも、、、。
でも一個しかない (;д;)/ヾ 
どなたか、気に入って下さった方の元へお行きなさい(;_;) 





Gallery Ogon
[PR]
by ogon21 | 2008-10-31 12:17 | Pate de verre BOWLS

秋色 パート・ド・ヴェールの碗

街路樹、桂の葉が、ぱらぱらと落ち始めました。
遠くの山を見据えると頂上の方は色がはっきりと赤く染まっています。
これから山の紅葉がグラデーションとなって下に降りてきます。
寒くなりはじめると早いですね、、、、。

c0160901_11511646.jpg

今日は、朽ち葉色のパート・ド・ヴェールの碗をご紹介します。
『黄朽葉色 彩紋瑠璃碗』約12×9cm (Pate de verre Glass)
庭先に落ちた葉の色にとてもよく似ていたので、
その側で撮影。







c0160901_11513228.jpg

光が入ると黄金色にも見えます。
陽の暖かさのように感じるこの色合いに惹かれ、
以前から彫刻やアクセサリーにも使っています。
一時忙しくしていたので、
そろそろ久しぶりにゆっくりお抹茶でもいただきたい、、、。
そんな気分です。


Contemporary Glass Bowls  pate de verre Kimie Kanai


今日は兄から、ぐい呑み展用の陶器届きました。
ぐい呑みの他にも片口やとっくり、可愛い箸休め等など。なかなか楽しい感じです。

さて、ぐい呑み展では、プレゼントをご用意致しました。

c0160901_1152219.jpg

まずは、ご希望の方に、木のぐい呑みの呑み口をお試しいただけるよう、
こちらでご用意致しました猪口かぐい呑みで一杯、お酒をお試し頂けます。
何か美味しい吟醸をご用意致しますね。
(お車を運転される方はご遠慮下さい)







c0160901_11514644.jpg

そして、ぐい呑みを含む5000円以上のお買い物下さいましたお客様には、
富士川流域のお酒(にごり酒)180�をプレゼント♪
お家でさっそく、楽しんでくださいね。
先日開催していた『富士川流域の技 作家たち展』の
会場となった酒蔵元でつくったお酒です。
まったりと濃厚な呑み心地。




もし、お客様が少なくて差し上げるチャンスがなかった場合は、
私が全部呑んで良いことになってます♪(そんな〜!)

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

Gallery Ogon
[PR]
by ogon21 | 2008-10-29 11:49 | Pate de verre BOWLS

パート・ド・ヴェールのお猪口

c0160901_0135724.jpg

今日は朝からしとしとと雨が降って、ぐっと寒く感じます。長袖にカーディガンを引っ掛けて、厚手のストールをぐるぐる巻きにしても、何だか心もとない感じ、、、、。





c0160901_0142225.jpg

こうなってくると、何か温かいものが食べたくなりますね。鍋焼きうどん、なんて良いかしら、、。お風邪を召された方もいらっしゃるかと思います、どうか暖かくしてお過ごし下さいね!





c0160901_0144790.jpg

今日は、パート・ド・ヴェールのお猪口をご紹介します。
『黄朽葉瑠璃猪口』
パート・ド・ヴェール ガラス製  5×5cm





c0160901_0152063.jpg

朽葉とは、秋になって、葉の色が緑から紅葉へと移ろう様を表す言葉ですから、そこに『黄』が入るので銀杏や桂といった木々の葉が黄色く色付く様な色合いをイメージしていただけたらと思います。







c0160901_0154165.jpg

お猪口の底部に微かに緑色が入っています。






Contemporary Glass Bowls
pate de verre Kimie Kanai

『パート.ド.ヴェール・ガラスの作品・スライドショー』
↑♪ブログでご紹介してきたガラスの作品を一同にご頂けます。
宜しければ覗いて見てくださいね♪

Gallery Ogon
[PR]
by ogon21 | 2008-09-29 23:12 | Pate de verre BOWLS

パート・ド・ヴェールのお猪口

c0160901_0191926.jpgこの季節はコスモスが綺麗ですね。
この公園、以前は、草茫々で、荒んだ感じだったのですが、今は町の女性が年間を通して季節の花を植えて下さるので、気持ちの良い公園になりました。こうなってからは、仕事合間の方や観光客の方も車を止め、つかの間の休憩をするのにもってこいの場所となりました。
野外彫刻もあって、その周りに花を植えて下さっているので、この彫刻達も幸せだと思います。



c0160901_0193827.jpg
トンボが沢山、飛んでいるのですが、動きが早くてシャッターが追い付きません!
何とか赤とんぼを一匹、捕まえた、、、。






c0160901_0195736.jpg
今日は、パート・ド・ヴェール ガラスのお猪口。
なかなか、沢山の数は作れませんが、『秋の面白ぐい呑み展』までには、いくつか仕上げたいと思います。






c0160901_0201387.jpg
この展覧会中は、何かサプライズを考え中♪
決まりましたら、またご報告しますね。どうぞお楽しみに☆




c0160901_0202924.jpg


『緑青瑠璃猪口』約5×5cm
パート・ド・ヴェール ガラス製



Contemporary Glass Bowls  
pate de verre Kimie Kanai
[PR]
by ogon21 | 2008-09-17 23:18 | Pate de verre BOWLS

秋の小さい命 / パート・ド・ヴェールの器

c0160901_0552946.jpg

原っぱもすっかり、秋の色となりました。









c0160901_0562142.jpg
でも、目を凝らして歩いていると、
まだまだ、沢山の小さな命で賑わっていますよ。







c0160901_0555619.jpgc0160901_0565027.jpg












c0160901_19193.jpg

草むらをかきわけながら歩いていくと、次々に小さな虫達が飛び立ちます。
今日、河原を歩いた時は赤とんぼの群れの中を進むような感じでした。








c0160901_0575424.jpg

ギャラリーの窓の外からは、誰か中を覗いています、、、、。
あなた、よ〜く見ると笑ってる様な顔なんですねえ。







c0160901_0581558.jpg
今日は、パート・ド・ヴェールの器です。
レリーフのモチーフは、野原の草木。



c0160901_193787.jpg









c0160901_0585981.jpg


『瑠璃彩文器』 12×8cm
パート・ド・ヴェール ガラス






Contemporary Glass Bowls  pate de verre Kimie Kanai

『パート.ド.ヴェール・ガラスの作品・スライドショー』
↑♪ブログでご紹介してきたガラスの作品を一同にご覧頂けます。
少し、画像を追加しました。宜しければ覗いて見て下さい♪




Gallery Ogon
[PR]
by ogon21 | 2008-09-15 23:53 | Pate de verre BOWLS

稲刈りのはじまり。/ パート・ド・ヴェールの器

て、ついに稲刈りが始まりました。
村の人は、朝早くから、せっせと刈り込みをはじめ、夕方遅くには、綺麗に束ねて整然と干していく、、、。使った道具を丹念に整備し、片付ける。そんな仕事ぶりに毎度のことながら、感嘆致します。きちっとした、仕事の積み重ねで、最後の最後まで手を抜かない!凄いな〜。(彼等の姿を見て、自らを振り返るとちょっと、恥ずかしくなります。)ずっと、昔から受け継がれてきた、日本人の原風景ですね。

c0160901_0573224.jpg

河原には、赤紫色の初秋の花。



c0160901_0575388.jpg

ギャラリーの庭にも。











c0160901_0581021.jpgc0160901_0583133.jpgこの季節によく目にする、この赤紫。夏の名残りを思わせる緑と組み合わせて、パート・ド・ヴェールの器を作ってみました。










c0160901_0584625.jpg


花を寄り添わせてみました。
『 紫瑠璃 彩紋三足器 』
8×12cm







Contemporary Glass Bowls  pate de verre Kimie Kanai
[PR]
by ogon21 | 2008-09-07 23:56 | Pate de verre BOWLS

瑠璃色ガラス 鳥形の器

c0160901_2238134.jpg

以前、制作過程をご紹介した作品が完成しました。
作品タイトル:『 Blue bird 』
サイズ:5×12×9cm
Pate de verre Glass Bowl
[PR]
by ogon21 | 2008-09-03 22:48 | Pate de verre BOWLS

モノクロの世界。ガラスのカラーサンプル

c0160901_1212422.jpg今日は一日中、激しい雨が降り続きました。
突如、後ろの山から、野武士が降りてきて、前の河原で7人の侍と決闘を始めそうな景色です。、、。そして、さながら私のアトリエは羅生門。ふと、人間の恐ろしさに鬼も逃げ出したという人の世について考えたりしてしまいます。

こんな日は、車の通りも、ほとんどなくなり、激しく打ちつける雨音を聴きながら、それぞれのアトリエで、黙々と仕事を進めます。

今日は、パート・ド・ヴェールで使うガラスと色について、お話しましょう。


c0160901_12125983.jpg
こちらが、パート・ド・ヴェールで使用するガラス『カレット』です。吹きガラスで使うドロドロに溶けたガラスを水の中に投入し、クラッシュさせたものを、さらに粉砕し、振るいにかけてメッシュごとに分けたものです。






c0160901_12132211.jpg
粒が大きいカレットを使うと透明感のあるガラスに。
細かくなればなるほど、透明感がなくなっていき、細かいパウダー状のガラスを使うと乳白色になります。






c0160901_12134152.jpg
これらのようにガラスをメッシュ分けする理由は、出したい色を表現するためです。こうする事でガラスを溶かし込む際に色分けしたカレット同士が微妙に混ざりあって水彩画のような色彩を作り出す事ができるのです。






c0160901_121415.jpg
こちらが、色ガラスを混ぜた色見本の極一部です。
この数の更に5倍から10倍の色を作ることが出来ます。
もしかしたら、無限にあるかな、、、、。とにかく、ひとつの色でもカレットの大きさや顔料の割合の変化で最低でも6パターンの色が出せるのですから。





c0160901_1214209.jpg
こちらの瓶の中に入っている顔料をメッシュ分けしたカレットに混ぜます。基本は、ガラス10に対し顔料は1パーセント。しかし、顔料の種類によっては、ガラス100に対して顔料1パーセントということもあります。






c0160901_12143867.jpg
しかしこれだけ色がそろっても、
自然が織り成す様々な色の世界には、到底、追付きません!
やはり世界は美しいです!




Contemporary Glass sculpture pate de verre
by Kimie Kanai
[PR]
by ogon21 | 2008-08-28 23:11 | Pate de verre BOWLS


画像一覧
記事ランキング
カテゴリ
ライフログ
検索
タグ
最新のトラックバック
最新のコメント
ファン
ブログジャンル
お気に入りブログ