早川渓谷の紅葉情報・C.G作品『原始の塔シリーズ』紹介

c0160901_15531384.jpg今日は、山梨県早川町の紅葉についてお話しましょう。
画像は、昨年以前の紅葉写真から、綺麗な風景を集めてみました。
紅葉の見頃は、ギャラリーオゴン周辺だと10月中旬から11月下旬で、
奈良田より先の白鳳渓谷は、10月上旬から10月下旬です。
以前は、広河原まで自家用車で行けたのですが、
自然環境保護の目的で今は、バスとタクシーだけの通行です。
広河原までは、奈良田に車を置いて、北岳などに登山される方が
利用するバスに乗り換えて向かいます。




c0160901_15533059.jpg広河原までの白鳳渓谷には、植林された針葉樹が少なく、
山全体が自然の森で、大変綺麗に紅葉します。
私は、2度自分の車で広河原まで行きましたが、
道が細く、砂利道や、真っ暗なトンネル、
15センチほどの水たまり等があったので、
かえってバスでいけるようになって、良かったと思います。
心配せず、紅葉だけを楽しめますからね。
広河原周辺は、例年だと10月下旬が奇麗です。


c0160901_15534963.jpg早川渓谷も綺麗な場所があります。
(紅葉には、その年の気候変動により当たり年とそうでない年があります。ご了承下さい)
11月の上旬に、見ごろの時が多いので、
それに合わせてイベント『紅葉とそば祭り』が開催されます。
早川町は、面積も広く町内を横断すると35キロもあり、
標高差も500メートル以上で、
町の入り口から奈良田方面へ向かうと、
だんだん紅葉が濃くなってきます。


c0160901_1554633.jpgですから、町の中を移動することで、長い期間紅葉を楽しめるのです。
山も上の方から紅葉が始まり、
少しづづ麓へ下がってきます。
雨畑方面も奥の方へ進むと、
渓谷沿いの紅葉が奇麗ですよ。
そちらもお勧めです。




c0160901_15542890.jpg奈良田温泉か西山温泉に宿泊されると、
早川渓谷の紅葉を満喫出来ますのでお勧めです。
日帰りでも奈良田の里温泉ならば、
最高のお湯と紅葉のセットが気軽に楽しめます。
(ギャラリーオゴンは、通り道にありますよ〜。)

11月1日〜30日まで、『秋の面白ぐい呑み展』を
開催していますので、是非その時期に合わせてお訪ねください。


c0160901_15544370.jpg紅葉の詳しい情報については、ブログで随時お知らせしていきますので、
どうぞお見逃しなく!
当たり年と、そうで無い年では、けっこう差が有りますので、
その点は、どうぞご了承下さい。
里山の紅葉も情緒があって良いものです。
紅葉した集落から細いたき火の煙が上がり、
だんだん暗くなる夕暮れ時、、、、
落ち着いた景色を見ながら温泉宿へと、、、




c0160901_1555362.jpg紅葉シーズンは、旅館も混雑しますので、お早めにご予約下さい。
町営の宿泊施設や旅館も多く有りますので、
そちらもどうぞご利用下さい。
(それでも、西山、奈良田はお勧めです。)






c0160901_15551999.jpgこちらが、ギャラリーオゴン周辺の地図になります。
私のお勧めスポットは、硯の美術館・硯匠庵、
和紙の里、酒蔵ギャラリー六斎、身延山(しだれ桜も有名です)などです。
今身延山では、五重塔を再建しています。
『身延山に五重塔が建てられたのは、江戸時代の初期元和5年(1619年)にさかのぼります。しかし、文政12年(1829年)火災により五重塔を含め境内28棟が焼失してしまいます。
その後、万延元年(1860年)に五重塔が再建されましたが明治8年(1875年)全山を巻き込んだ大火によって再び焼失してしまったのです。
約130年ぶりに再建されることになった五重塔は、元和5年創建の「復元」の塔とし、材料・工法・意匠にわたって当時の姿を再現されようとしています。』
この秋、11月に完成致しますのでそちらも是非ご覧下さい。




c0160901_15553796.jpgさて今日の作品は、C.G作品『原始の塔シリーズー1』です。
私の彫刻作品を平面の中で構成してみました。
太陽や宇宙をイメージしたCG作品です。
青空の中、空中に浮かぶ彫刻達、
中心からこちらを見ている目。
花びらや植物の形態にも繋がっています。










c0160901_15555670.jpgC.G作品『原始の塔シリーズー2』
時々、この様なCG(コンピューターグラフィック)作品も制作します。
元々は、油絵の作品を多く制作していました。
立体作品に魅力を感じるようになってからは、彫刻中心になりましたが、
今でも、この様にCG作品を作ったり、絵を描くのも好きなのです。
彫刻を制作することも、平面作品を作る事も、
表現手段や素材が違うだけで、
表す気持ちやメッセージは、ほぼ共通しています。
これからまた、少しずつ平面作品もご紹介していきたいと思っています。
どうぞお楽しみに?!


Contemporary Art Teruo Fuchigami


[PR]
by ogon21 | 2008-09-16 16:49 | 南アルプスの自然
<< パート・ド・ヴェールのお猪口 秋の小さい命 / パート・ド・... >>


画像一覧
記事ランキング
カテゴリ
ライフログ
検索
タグ
最新のトラックバック
最新のコメント
ファン
ブログジャンル
お気に入りブログ