恩師の言葉

c0160901_020422.jpgSY先生は、日本の現代美術を代表される偉大な方でした。私はガラスを始めるずっと前に,ほんの短い間、お世話になりました。そんな、偉大な方であることを誰もが認識しているにも関わらず、何故か皆、『gijyuさん』とお呼びしていて、それについて、先生は全くどうでもよいことだという風でした。時々、学生の制作現場に足を運んでは、しげしげと見ておられました。そして大概『続けてごらん。』とおっしゃいました。当時は、少し拍子抜けするような、それでいて、辛辣な批評では無かった事に、少々ほっとしたものです。が、後々、この言葉がいかに重く、厳しい言葉であったかを知る事となりました。『今やっていることを続けることでしか、答えはでない。そして(人生をかけて)続けるに価する仕事かは、続けていれば解る事だ。自ら答えを出せ。』ということです。しかし、その続けるということが、いかに苦しく難しいことか....。そんなSY先生が今朝,夢枕に立たれました。ちょっと、笑顔で、『そろそろ行きますよ。続けなさい。』とおっしゃいました。SY先生、本当にありがとうございました!!!

                                 Gallery Ogon
[PR]
by ogon21 | 2008-06-24 00:25 | 日記
<< パート.ド.ヴェールの彫刻 黒柿 茶会用重ね皿 >>


画像一覧
記事ランキング
カテゴリ
ライフログ
検索
タグ
最新のトラックバック
最新のコメント
ファン
ブログジャンル
お気に入りブログ